ステンドグラスの修理依頼

引越しの際にステンドグラスのフォトフレームが割れてしまったということで修理依頼があり、修理しました。
*全体の写真は掲載いたしません。

綺麗に直りました!

当工房で作った作品ではなかったので、他の工房ではこうしているのかという情報が詰まっていて勉強になります。

ステンドグラスの修理依頼理由は、

1番多いのは「地震でステンドグラスのランプが倒れた、立てかけてたパネルが倒れた」で、やはり震災のときにもかなり割れてしまったようです。
他の理由として「引越しのときに割れた」「建築現場でものがあたって割れた」「ドアを勢いよくバタンと閉めたら割れた」というのも結構多いです。

「ボールがぶつかって割れた」「足で蹴っ飛ばして割れた」「お尻で踏んで割れた」などもありました。

ステンドグラスの修理というと

ガラスは溶けるので溶かしてくっつけられそうですが、綺麗に溶かして直すのは無理です。
まず、溶かした段階でガラスの綺麗な模様が消えてしまいます。
また綺麗に溶かしてくっつけるというのは高額なコストと時間がかかり、またほとんどうまくいきません。

修理は基本的に新しいガラスに交換しないと綺麗には直りません。

基本的に同じ品番のガラスを使用して修理しますが、ガラスが廃盤になっていたりした場合は近い色のガラスに代替えとなりまったく同じには直りませんのでご注意ください。

割れたステンドグラスを送る場合は

以前、紙袋にステンドグラスを入れて送っていただいた方がいたのですが、案の定配送中に割れが増えてしまっており、修理代が事前のお見積もりの金額の3倍ぐらいになってしまったことがありました。

送る際はステンドグラスがすっぽり入る大きめのダンボールに梱包材をしっかり入れて送っていただければと思います!

Follow me!