あやうく詐欺電話に騙されそうになりました

詐欺営業電話(光コラボ)

今日19時ごろNTTのフレッツ光のカスタマーセンターを語った詐欺まがいの営業電話がかかってきました。

以前、光コラボのU-NEXT光の詐欺営業でひどいめにあい(嘘をつかれたまま契約させられてその数ヶ月後には電話代を2倍で請求させられていたことが分かって返金させた)、消費者センターに通報してなんとかフレッツ光に戻してもらい、もう光コラボはやらないことに決めており、十分営業電話は気をつけていたのですが5分程度の電話で契約あと少しというところまで持って行かれて危なかったです。

一応、忘れないうちに電話内容を書いておこうと思います。

@T COM(アットティーコム)の場合

番号08006000225(フリーダイヤル?)から固定電話に着信

業者

「NTTのフレッツ光のカスタマーサービスセンターですが、来月から料金が変更となりましたのでそのご案内でお電話いたしました。先日料金変更のご案内をお送りしまして、その変更番号のほうを登録されてない方にお電話しているのですが、今回このお電話で変更番号をご案内させていただきます。

現在、フレッツ光で7000円程度の請求になってるかと思うのですが、5400円に金額が変更になりますので来月からかなりお安くなります。

また、今までカスタマーセンターへの電話が繋がりにくかったかと思うのですが、今後はフレッツ光と@ティーコムという会社でサポートさせていただくかたちになります。

現在ネットにはスマートフォンとパソコンどちらをお使いでしょうか?」

「パソコンです」

業者

「今パソコンをお使いになることは可能でしょうか。」

「はい」

業者

「検索サイトを開いていただき”フレッツ東日本”と検索してください。

フレッツ東日本(公式ページ)のページをクリックしていただき、下の方のインターネットと書いてあるボタンを押してください。

出てきた老夫婦の男性の下のボタンを押してください。
(”光コラボレーション事業者のサービスをご検討中のお客さま”というボタン)

その次のページの”転用のお手続き”のボタンを押してください。」

「え!?光コラボになるんですか?」

業者

「@T COM(アットティーコム)がサポートさせていただく光コラボとなります」

「光コラボにすると、他の光コラボに移りたい場合電話番号が変わっちゃいますよね?」

業者

「私ではわかりませんので、分かるものに変わります」

2分待つ

ここで、念のため録音準備

業者

「お電話変わりました。何かご質問があるということで」

ここで会話の録音をスタートしたのですが、相手に録音開始の音を聞かれてしまい。ここから相手の声のトーンが明らかに落ちました。

「これって、光コラボの営業電話ですよね」

業者

「はいそうです」

「断れますよね?」

業者

「強制ではないので。。」

「では結構です。」電話切る

という感じでした。

今回思ったこと

自分の会社名を隠し、あたかも営業電話ではないようNTTのフレッツ光のカスタマーセンターと思わせ、言葉たくみに契約させようとしてきます。

ほんとに頭にきます。

おそらく、かなりの数の”勝手に契約させられてしまった潜在被害者”がいると思います。

以前U-NEXT光に電話料金を2倍で引き落とされていた時のことを思い出し、ほんとに光コラボ業者には腹がたちます。改めてネット関連の電話営業および案内は即切るということに決めました!!もう無言で切ってやります。即着信拒否に登録です。

あとよくくる電話営業は”不動産投資””株投資””不用品回収””ホームページ製作””SEO業者”ですが、

電話営業は記録が残りにくいので困ります。
営業電話は即録音するよう心がけたいところです。

うちの電話の着信拒否リストもすでに限界の30件はパンパンで書き換え書き換え(もしくは”迷惑”で通常登録)してるので、もっといっぱい着信拒否ができる電話機がそろそろ欲しいところです。。